腎臓病の食事療法は知識を持つ医師や栄養士を頼るようにしよう

カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、個々の食品や調理をおこなう際の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。食事で摂取したたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に流れて分離された末、要らない老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)が増える事になるため、腎臓に持たらす負担が増加します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適切な量は摂取する必要があります。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)で、腎臓に行き分離された後尿中に排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉が衰えてくると、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの量が高まるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため普段通りに血液が通わなくなり、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)が、体内で増加しはじめます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。ですから適正な食事療法を行ない、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値体内へと送り続ける必要があるのです。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で現すと30~40g程になります。腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓の機能が低下するにつれ、現状以上に細かに食事を管理する必要があります。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限が加わります。独断で食事プランをたてずに、しっかりとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分だけでなく水分の制限も重要となります。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品自体が持つすべての水分と考えます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら塩分制限だけになります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量により医師が判断します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので独断で制限をおこなう事は危険です。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘いものには意外にたんぱく質が多くふくまれています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質が含有されています。腎臓病でも食事療法が適切であれば、余分な毒素や老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)を追い出しやすい体質に変わります。老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。優れた効き目が出た際には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるケースもあったりします。食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って手掛けられる最善の治療方法です。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病を極力進行させない事と、健康体のキープとされます。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法次第で腎不全が進行しないようにできますし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。加えて、透析をはじめても、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は重要視されます。お世話になってるサイト>>>>>腎臓病食 宅配 口コミ